コンセプト

レースのポイント

大会プロデューサー 奥宮俊祐選手

奥宮 俊祐選手

Funtrails 代表 / adidas TERREX 所属アスリート

中学から長距離を始め、大学(東海大)では箱根駅伝を目指すが選手にはなれず挫折を経験する。25歳の時に心臓に感じていた違和感の原因が不整脈と判り、手術を受け完全回復。その年、初めて日本山岳耐久レース(ハセツネ)を走り3位入賞。それ以来トレイルランに全力を注ぐようになる。
2014年1月「HongKong100」7位、また同年7月にスイスグランデルワルドで開催された「アイガーウルトラトレイル2014」に招待選手として参加し6位入賞(日本人最高位)を果す。2015年にトレイルランニングを通じて、楽しい!を実現する団体「Funtrails」を設立し、ロングレース「FunTrails100K Round 秩父&奥武蔵」を開催。同年「ハセツネCUP・日本山岳耐久レース 2015」に、挑戦10年目にして悲願の初優勝を飾る。
近年においても、「グランレイド・レユニオン」総合10位(日本人最高位・2017年10月 / フランス領レユニオン島)や、「信越五岳トレイルランレース2018」100マイル 優勝(2018年9月 / 信越高原)など、国内外で輝かしい成績を残している。

大会理念

関係するすべての人・地域が楽しめる大会!

大会参加条件

「山のルール・マナーを守れる方(Fun Trailsポリシー)」

  1. ゴミを絶対落とさないゴミ専用のポケットを用意しましょう!
  2. ゴミを1つは拾う山に入る度に少しずつ山がキレイになります!
  3. 挨拶2回10m手前で1回、すれ違う時にもう1回。感謝を込めて。
  4. ハイカー優先「お先にどうぞ。」の気持ちを忘れずに。
  5. ハイカーを抜くとき、すれ違う時は歩く走っていると恐怖感を与えます。
  6. トレイルを外れない植物を踏まないように。
  7. ヘッドホン厳禁注意喚起や挨拶が聞こえなくて危険です。自然の音を楽しみましょう!
  8. 山への感謝の気持ちを忘れない。入山前に「お願いします。」下山時に「ありがとうございました。」
adidas terrex
TOP